スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「問:自キャラについて語れ」 渡部 秋葉(MACHINA)の場合。


誰がぴく悪のキャラクター「だけ」を語ると言いましたか?やりますよぴくヒロだって。
それなりに思い入れがあるので、やっぱり長くなります。

両腕脚が機械義肢のおにゃのこ。
他のヒーローたちに多い「特殊能力」ではなく、「特殊装備」が武器の
近接戦闘型キャラクターです。彼女自身は本当にただの女の子。
年齢は「非公開」って事になってますが、藍沢 拓のキャラシートで
21歳」と分かるようになっています。うわぁ回りくどい。
おもな得物は2本の短剣と改造拳銃。
短剣での戦闘スキルは藍沢(コイツについてはまた後日)との特訓、
射撃はましかくおばさん(山高帽子さんのキャラ。Mr.スクエアの育ての親)に弟子入りして覚えました。
(注:山高さんの承諾は貰ってます。)
普段は定食屋「ましかく」で店主のましかくおばさんやバイト仲間(おそらく先輩)の桜子ちゃんと
和気あいあいと働いてます。

秋葉がヒーローと関わるきっかけとなったのは彼女が小学5年生の時。
ある大学の付属小に通っていた秋葉は、大学生だった藍沢と出会い
スーパーヒーロー(ぴくヒロでいう「ヒーローサイド」)の存在を知ります。
とはいえ彼女は一般人。この頃の彼女にとってヒーローは雲の上の存在で、
藍沢は「ロリコンの変なお兄さん」程度の認識でした。

そんな彼女のフツーの人生は彼女が高2のときに大きく揺れ動きます。
ある日帰宅した秋葉が見つけたのは変わり果てた両親の姿。
彼女は警察に通報しようとした瞬間、謎の男女二人組に拉致されてしまいました。
そこにある人物が乱入し、秋葉は危機一髪救助されたのです。が、
この際に負った怪我が元で、彼女は手足を切断することになります。
彼女はこの出来事をはっきりとは覚えていません。
気がつけばそこは病院のベッドの上。隣にはイスに座って舟を漕ぐ藍沢。
窓からは朝日が差し込み、いつもと変わらない日常の世界。
彼女の両親が亡くなり、自身の手足も失われた事を除いては。

彼女を襲い、両親を惨殺した者達を放っておけなくて、
彼女を助け、何も言わず消えた者の正体を知りたくて、
秋葉は藍沢に助けを求めます。
もう一度、手足が欲しい」と。
藍沢は当時25歳。若き工学者として駆けだしたばかりでしたが
既に、意志とリンクして動くロボットアームの制御システムの開発に成功していました。
一年後。機械義肢用に調整し直した制御システムが完成し、
秋葉は機械仕掛けの手足を手に入れます。
全身に電力供給用のケーブルを埋め込み、一年間の過酷なリハビリや戦闘訓練に耐え、
高校を19歳で卒業した彼女は、本格的にヒーロー「MACHINA」として生きていくことになります。

手がかりはあの事件の中で無意識に握っていた緑色の透き通ったカケラ。
藍沢にも、そのカケラが鉱石かどうかさえ分からなかった謎の物質。
自身に何が起きたのかを知るため、彼女は今宵も夜の街を駆ける。


はい、大体そんなかんじ。長々とお付き合いくださりありがとうございましたww
マキナは自分にとって本筋の主人公に当たる子なので、
彼女のストーリーに関しては詳しく描けたらと思います。
ただ、人様のキャラクターと絡むことが少なくなりそうな所でもあるので、
ぴくヒロではなく、コチラ限定でのお話にする、ということで。
ぴくヒロのマキナにはそういう事情とは関係なくヒーローやらせますので
ヒーロー仲間さんも悪役さんも、どんどん絡んでくださいませ。

…アレだ、名探偵コナンでいうと「黒の組織」との対決部分だけブログでやるよってことだ。
どういう例えだ。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

プロフィール

大埜くわい

Author:大埜くわい
ぶんるい:いもえかきパチモン
たかさ:1.6メートルよりは多い。
おもさ:42.195キロな訳がない。
タイプ:いたってノーマル・芋。
おもな生息地:ヨシノシティ周辺。
特定のシーズン中には荒ぶる有袋類とよく出会います。

ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CAT☆TV
"Why not?"
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。